• ホーム
  •  > 弘輝について
  •  > CSR

CSR

基本方針とポリシー

創造、挑戦、和

  1. 弘輝は、人間尊重を基本として、豊かな価値を創造します。
  2. 弘輝は、エレクトロニクスの技術革新にあくなき挑戦をします。
  3. 弘輝は、顧客、従業員との調和を図り社会発展に貢献します。

基本方針

企業が、永遠の生命をもって成長を続けていくためには、常にお客様の存在が前提となる。弘輝は"お客様第一"を徹底して志向し、お客様の要求事項を満たし、お客様の満足度を高めていくことが弘輝の業績を向上させていくものと考えている。お客様の満足を高めるためには、新たな創造に努め、あらゆる事に挑戦をし、それらをスムーズに進めるために社員だけでなくお客様や社会全体との和も重んじて、社員の成長を通じて物心両面の幸福を追求する。

はんだ付け接合技術のプロ集団である弘輝は、先進の技術、卓越した製品品質、付加価値の高いサービスを提供、今後とも全世界の実装業界における接合技術の更なる進化、発展に広く、積極的に寄与していく。

CSRポリシー

弘輝は常に「企業の社会的責任」を認識し、いかなる場合でも人権・労働、安全衛生、環境、公正取引・倫理、品質・安全性、情報セキュリティ、社会貢献を重んじた精神を柱に事業活動を実践していきます。

人権・労働

  1. 強制的な労働の禁止
    すべての従業員をその自由意思において雇用し、また従業員に強制的な労働を行わせない
  2. 非人道的な扱いの禁止
    従業員の人権を尊重し、虐待や各種ハラスメント(嫌がらせ)をはじめとする過酷で非人道的な扱いを禁止する
  3. 児童労働の禁止
    最低就業年齢に満たない児童対象者を雇用せず、また児童の発達を損なうような就労をさせない
  4. 差別の禁止
    求人・雇用における差別をなくし、機会均等と処遇における公平の実現に努める
  5. 適切な賃金
    従業員に少なくとも法定最低賃金を支払い、また不当な賃金減額を行わない
  6. 労働時間
    法定限度を超えないよう、従業員の労働時間・休日・休暇を適切に管理する
  7. 従業員の団結権
    労働環境や賃金水準等の労使間協議を実現する手段としての従業員の団結権を尊重する

安全衛生

  1. 機械装置の安全対策
    自社で使用する機械装置類に適切な安全対策を講じる
  2. 職場の安全
    職場の安全に対するリスクを評価し、また適切な設計や技術・管理手段をもって安全を確保する
  3. 職場の衛生
    職場において人体に有害な生物や化学物質および騒音や悪臭などに接する状況を把握し、また適切な対策を講じる
  4. 労働災害・労働疾病
    労働災害および労働疾病の状況を把握し、また適切な対策を講じる
  5. 緊急時の対応
    生命・身体の安全を守るため、発生しうる災害・事故などを想定のうえ、緊急時の対応策を準備し、また職場内に周知徹底する
  6. 身体的負荷のかかる作業への配慮
    身体的に負荷のかかる作業を特定のうえ災害・疾病に繋がらぬよう適切に管理する
  7. 施設の安全衛生
    従業員の生活のために提供される施設(寮・食堂・トイレなど)の安全衛生を適切に確保する
  8. 従業員の健康管理
    全ての従業員に対し、適切な健康管理を行う

環境

環境保全への基本姿勢

株式会社 弘輝では、地球規模の保全が全人類の最重要課題の一つであることを認識し、当社の各事業分野の活動において、環境負荷の継続的低減に努め、持続的に発展できる経済社会の実現に寄与する。

基本方針

株式会社 弘輝は、主要製品である電子材料部門に関わる事業活動が地球環境に与える影響を的確にとらえ、環境に配慮した技術・商品の開発を積極的に推進することを、経営の重要課題とし、地球環境保全活動と事業活動の共生を基本とする。
又、環境マネジメントシステムの継続的な改善を推進すると共に地域社会から広く信頼される企業として活動する。

  • 関連する法規制・条約・条例等及び顧客要求、その他の要求事項を順守して環境保全に努める。
  • 可能な範囲で省資源、廃棄物、環境負荷化学物質削減、再利用、省エネルギーを推進すると共に、汚染の予防に努め、環境の維持・向上に取り組む。
  • 製品が含有する化学物質および工程で使用する化学物質を把握し、その環境影響を認識し、適切に情報を公開する。
  • 地球温暖化防止、次世代の子供達により良い環境を引き継ぐ事を目標に、事業活動を通してCO2の削減に努める。
  • 環境目的・目標を設定し、見直すシステムを構築し、全従業員で環境管理を推進する。
  • この環境方針に沿って全従業員が行動すべく、環境保全活動の推進組織を軸に教育及び啓蒙活動を通じ周知徹底を図る。
    又、社外の関係者、団体等へ環境方針の理解と協力を要請する。
  1. 製品に含有する化学物質の管理
    すべての製品に対して、法令等で指定された化学物質を管理する
  2. 製造工程で用いる化学物質の管理
    製造工程において、所在国の法令等で指定された化学物質を管理する
  3. 環境マネジメントシステム
    環境マネジメントシステムを構築し、また運用する
  4. 環境への影響の最小化(排水・汚泥・排気など)
    排水・汚泥・排気などに関する所在国の法令等を遵守し、また必要に応じて自主規準をもって更なる改善をする
  5. 環境許可証/行政認可
    所在国の法令等に従い、必要とされる場合は行政からの許認可を受け、また必ず要求された管理報告を行政に提出する
  6. 資源・エネルギーの有効活用(3R)
    省資源・省エネルギーを実行するための自主目標を設定し、また継続的な資源・エネルギーの有効活用を図る
  7. 温室効果ガスの排出量削減
    温室効果ガスの排出量削減を実行するための自主目標を設定し、また継続的削減を図る
  8. 廃棄物削減
    最終廃棄物の削減を実行するための自主目標を設定し、また継続的削減を図る
  9. 環境保全への取組み状況の開示
    環境活動の成果について、必要に応じ開示する

生物多様性の保存

  1. 生物多様性への取組み
    自然環境の破壊、社会活動により生物多様性が急速に失われています。
    1992年にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された国連環境開発会議(地球サミット)で「生物の多様性に関する条約」が採択されました。
    2010年の「生物多様性条約・第10回締約国会議(COP10)」でも、その重要性が取り上げられています。
    弘輝および海外工場を含む弘輝グループはそれらの主旨に賛同し、生物多様性を配慮した事業活動を行なうと共に生物多様性に及ぼす影響の低減を図り、その持続可能な利用を進めていきます。
  2. 生物多様性普及への貢献
    子供達、子孫へと美しい地球を未来に引き継いでいく為に必要とされる長期的な調査や地球保全活動、弘輝はWWFジャパンへの寄付により活動を支援していきます。

公正取引・倫理

  1. 汚職・賄賂などの禁止
    政治・行政との健全かつ正常な関係を保ち、贈賄や違法な政治献金などを行わない
  2. 優越的地位の濫用の禁止
    優越的地位を濫用することにより、サプライヤーに不利益を与える行為を行わない
  3. 不適切な利益供与および受領の禁止
    ステークホルダーとの関係において不適切な利益の供与や受領を行わない
  4. 競争制限的行為の禁止
    公正・透明・自由な競争を阻害する行為を行わない
  5. 正確な製品・サービス情報の提供
    消費者や顧客に対して、製品・サービスに関する正確な情報を提供する
  6. 知的財産の尊重
    他者の知的財産権を侵害しない
  7. 適切な輸出管理
    法令等で規制される技術や物品の輸出に関して、明確な管理体制を整備して適切な輸出手続きを行う
  8. 情報公開
    法令等で公開を義務付けられているか否かを問わず、ステークホルダーに対して積極的に情報提供・開示を行う
  9. 不正行為の予防・ 早期発見
    不正行為を予防するための活動を行い、また早期に発見し対応するための制度を整える

品質安全性

  1. 製品安全性の確保
    自社の責任で製品設計を行う場合、製品が各国の法令等で定める安全基準を満足する
  2. 品質マネジメントシステム
    品質マネジメントシステムを構築し、また運用する

社会貢献

寄付活動

  1. 財団法人日本ユニセフ協会
  2. 日本赤十字社
  3. 国境なき医師団日本
  4. WWFジャパン
  5. 東松山交通安全協会(弘輝/東松山工場)
  6. 社会福祉法人埼玉共同募金(弘輝/東松山工場)

地域への貢献

地域行事への協賛

千住本氷川神社 大祭への協賛として千住旭町自治会に寄付

千住本氷川神社 近影

清掃活動

会社周辺および近隣を清掃、地域貢献と共に清掃活動や環境美化に対しての意識を高めた。

近隣の清掃風景

BCP

事業継続計画(BCP)

弘輝は、緊急時において損害を最小限に抑え、迅速な復旧、事業継続が図れるよう事業継続計画(BCP)を策定、運用していきます。

コンフリクトメタルの排除

コンゴ民主共和国原材料の不使用

弘輝および海外工場を含む弘輝グループが製造、販売しているはんだ付け電子材料製品 に使用している金属の購入先に通達、これらの金属はコンゴ民主共和国産原材料が一切使 われていないことを示す記証明書等を入手、コンゴ民主共和国産の原材料を一切入手していない事を確認しました。

金属調達国

1. インドネシア  2. タイ  3. 中国  4. イタリア  5. マレーシア

仮に使用している原材料がコンゴ民主共和国からの輸入が判明した場合、該当する原材料の購入は即時中止いたします。

また、購入先を変更する場合は、購入材料がコンゴ民主共和国産材料でない事を必須条件とし、調達先が未確認の材料に関しては一切使用いたしません。

Copyright © 2017 KOKI Company Ltd. All rights reserved.              〒120-0026 東京都足立区千住旭町32-1TEL:03-5244-1511(代)