セルフアライメント対応型接着剤

JU-R2S

新発想技術で、
両面実装・接合補強に対応。

リフロー時、部品のセルフアラインメントを後押し

JU-R2Sは、はんだ(SAC305)の溶融後に硬化を開始するよう設計されています。このためはんだが溶融した際、部品のセルフアライメントを阻害しません。

■リフロー後の接着強度変化

接着剤による部品の浮きを解決

通常の接着剤をソルダペーストと併用すると、ソルダペーストが溶融する前に接着剤が硬化してしまい、リフロー後に部品浮きが起きてしまいます。JU-R2Sは、はんだ溶融中は流動性を保ち、部品の沈み込みを促します。

■リフロー時の状態観察

高さのある吐出形状で、確実に部品と接触

粘度を下げて吐出性を改善し、Ti値を最適化して保形力を向上させました。
吐出形状に高さがあるため、背の高い部品にも確実に接触し、接着します。

■吐出形状比較

製品性能表

製品名
JU-R2S
製品タイプ
熱硬化型接着剤
合金組成
エポキシ樹脂
外観・色調
ペースト・赤色
粘度(Pa.s)
50
Tg(℃)
75
硬化条件
220℃以上45sec ピーク温度235℃
保存ライフ(0~10℃)
6ヶ月(冷蔵10℃)

お電話でのお問い合わせ

03-5244-1511(代表)

03-5244-1511(代表)

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォームへ