SABI タイプ高耐久合金ソルダーペースト

SB6NX58-M500SI
Sn 3.5Ag 0.5Bi 6.0In 0.8Cu

ヒートサイクルストレスに優れた耐久性を実現。

改質元素添加による優れた耐久性

電子回路は低温から高温に急変化する使用環境のため、Snの抜本的かつ経時安定的改質が不可欠です。 SB6NXは改質元素であるインジウム、ビスマスを添加することで、はんだ接合部の変態を抑制し、車載電装、航空、産業機器などで高い接合信頼性を実現します。

■合金内イメージ図

ENIG接合部の安定化を実現

ENIG表層(金メッキ基板)ではSn-Ni系のIMC層が成長し、P濃化層の発生を伴って接合界面が脆化します。
SB6NX合金はNiと親和性の高いCuを添加、Niの拡散を防止するバリア層を形成することで、OSP基板と同等の接合耐久性を獲得しました。

■接合界面脆化を解決

さらなる接合信頼性の向上

SAC305と比較すると、SB6NXは引張強度が向上し、変形しにくい合金です。
加熱時の伸び特性が向上することで、冷熱サイクル時、接合部のクラック進行抑制に反映します。
また下のグラフから、SB6NXはENIG基板でもOSP基板と同等の強度を確保していることが分かります。

■--40/+125℃、3216R接合部の冷熱サイクル試験結果

製品性能表

製品名
SB6NX58-M500SI
製品タイプ
ソルダーペースト
融点(℃)
202 - 204
粒径(μm)
20-38
粘度(Pa.s)
200
フラックス含有量(%)
11.0
ハライド含有量(%)
0
フラックスタイプ
ROL0 (IPC J-STD-004A)

お電話でのお問い合わせ

03-5244-1511(代表)

03-5244-1511(代表)

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォームへ